OLIPET|オリペット

病への挑戦

病への挑戦

皮膚アレルギーは、体内で異物として認識されるアレルゲンに対する犬の免疫システムの反発作用によって起こる。犬に最も多いアレルギーはノミに刺されることによるものであるが、犬に起こる皮膚アレルギーの中で最も顕著なものがアトピー性皮膚炎である。このタイプの皮膚アレルギーは、その動物が普段さらされている環境には存在しない異物と接触またはそれを吸入することによって生ずる。こうしたアレルゲンには、粉々になったダニ、花粉そしてカビがとりわけ多い。この疾患は犬種にかかわらず、すべての犬に起こり、もっとも顕著なのは3歳以下の若い成犬である。アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみ、神経過敏、皮膚が赤みを帯びる、ふけ、皮脂過剰によるべたつき、結膜炎、切り傷、くしゃみを伴う鼻炎、悪臭、皮膚の炎症だが、とくに皮膚の表面に見られる。

発症を見分けるタイミングがその後の経過に重要な意味をもつ。初期段階を見過ごしてしまうと動物の毛を侵すバクテリアの増殖とその後の悪化を招くことになる。さらに皮膚病は、周期的に症状があらわれ次第に日常化していく傾向がある。したがって問題の早期発見に対する最大限の注意が必要となる。犬が絶えず体全体、あるいはある一部をなめたり、引っかいたり、掻いたりする場合。その動物は皮膚の炎症を起こしている部分を意識してなめ、苦しみをやわらげようとしているのだが、その炎症を起こしている部分とは、皮膚の病巣、皮膚が欠落している、うろこ状になった部分、かさぶた、毛の欠落、赤茶色に汚れた部分であり、明るい色の毛型に見られる典型的な例である。

薬物療法としては、抗生剤、消炎剤(コルチゾン剤や抗ヒスタミン剤等)、抗菌剤の投与、またかゆみを緩和し、過剰な皮脂を除去するために特別な殺菌シャンプーの使用が考えられる。最少量のアレルゲンを血流に注入する特殊な診断テストを行うことで、症状を引き起こすアレルゲンを特定してみることが可能である。このようにして免疫療法が実行できる。免疫反応の抗原をごく少量注入することで、動物が感作する限界までワクチン投与する。こうしてより寛容な組織へと再構成されるのだ。究極的には、ダイエットも問題解決に重要な役割を果たす。

犬の股関節形成不全症

犬の股関節形成不全症は遺伝性また後天的な多様な要因が引き起こす骨の病である。 大型犬、特に以下のような犬種においてはリスクが高い。ジャーマン・シェパード、ラヴラドール・レトリーヴァー、ゴールデン・レトリーヴァー、ニューファンドランド、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ロットワイラー、サン・バーナード、アラスカン・マラミュート、イングリッシュ・ブルドッグ、ボクサー、ボルドー・マスティフ。これらの犬には度重なる超荷重と幾世代にわたる些細な外傷とにより、関節不安定を引き起こす遺伝的要素が備わっているのだ。

関節の成長過程において注意すべき時期は犬の誕生から10~12ヶ月の間である。というのは、骨の組織がまだ完全に形成されておらず、臀部の柔らかい組織が組織本来の弾力限界以上に刺激されてしまうのだ。この関節弛緩症は大腿骨頭脱臼の原因となり、それは臀部組織の安定化に反して関節表面の形質変成を引き起こしてしまう。

異常を回避するのに必要なのは、食べ物、体重管理、運動である。食べ物は良質であるべきで、体重オーバーを避けるため決して過剰に与えてはならない。体重オーバーは関節に負担をかけ、些細な外傷リスクを増やす。

リスクの高い犬種の場合は6ヶ月の時点で、設備の整ったクリニックで骨盤のレントゲン撮影が必要である。撮影時には通常の筋肉のリラックス度を保つために一般麻酔をかける。 

股関節形成不全症の早期診断は犬に対する適切な扱いを即座に促すことになり、それは犬の生活の質を高めることとなる。現在さまざまな外科技術が紹介されているが、その選択は本来、飼い主の期待よりも犬の歳、関節病の進行状況によりなされるものである。

股関節形成不全症予防はつまり子犬の時期から、適宜、運動の制限や体重コントロールを考えながら開始されるべきである。そして何よりも、最適な支えを保障する技術特性を持ったベッドで動物を休ませることに決定的な意味があることが示されている。

OLIPETはこの病に挑戦するために、犬の安眠中、関節の正しいポジションを保てるような弾力技術素材を使用した世界初のオルトペディコ犬用ベッドを研究開発した。

pagetop